6つの宝箱




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
妖怪人間ベム&ランナウェイ :: 2011/12/27(Tue)

あっという間にクリスマスも終わり、あと5日で2011年が終わる…。
今年も本当に早かったなーーー><
カツン事も仁事も充実してて、いい一年でございました♪


さて!まだ書いていなかったドラマ達の感想を!!
胸がいっぱい過ぎて中々書けなかったのですが、やっとキーボードをパチパチする気分になりました(笑)
続きに入っているので、よかったらどーぞです!!
(またまた長いので注意!)


※瑞穂ちゃんコメレスしてます!時間ある時に読んでね!


↓よろしかったらポチっと応援お願いします!
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング






◆ランナウェイ~愛する君のために~

「大の大人が肉団子食べられたぐらいでケンカするか?あぁいうのを"どんぐりのバカ比べ"って言うんだぜ!」

これがたっちゃん演じる滝本空哉の最初のセリフでしたねぇ。
第一話の第一声から、もうホントおバカで愛すべき&愛されるべきキャラだったなぁと(´^ω^`)

本当はベムと同じ様に、第一話の感想を記念に書きたかったんですが、
何だか胸がいっぱいで、いくら書こうとしてもこの気持ちを表現出来る文章を書けずにいたんです。
まぁ未だにその気持ちを書けるようにはなっていませんが…(笑)

私、ランナウェイの最終回の前の晩に「婚カツ!」で共演してた中居君と佐藤隆太君とたっちゃんが3人で出てた「僕らの音楽」を見てたんですね。
当時は2009年。たっちゃん連ドラ初出演でした。
「僕らの音楽」では2人から現場での振る舞い方や、演技に対して褒められていたたっちゃん。
たっちゃん自身も演技の楽しさに気付き始めたくらいの印象を受けました。

それから2年。2回目の連ドラは主要メンバーでの出演。
何だか本当に感慨深かったです。

「ランナウェイ」の現場は本当に充実してて楽しかったんだなぁと、ドラマからもJwebからも、どの雑誌のインタビューからも感じました。
もちろんこの作品にかける愛や気合いも、すごく感じましたしね。
「たっちゃん、今、楽しいんだなぁ」ってのがファンになって6年目だけど、今までで一番、ランナウェイから感じました。
何かねー、こんなたっちゃんが「楽しくてしょうがない!」ってのがコンサートみたいな"直接感じられる"所ではなく、
ドラマや雑誌など"何かの媒体から感じる"ってのがすっごく不思議だったし、すっごく嬉しかったです!!

同年代の「役者」を専門としてる人たちの中に、一人だけアイドルが混ざる。
しかも演技経験はそんなに多いわけじゃない。
でも負けずに挑戦して、演技の大変さを味わって、それでも演技を大好きになって、現場も好きになって、役者の面を成長させることが出来た事は、たっちゃんにとって本当にすごく大きな財産になったんじゃないかなぁと思います。
そんな凄まじい勢いで成長していくたっちゃんの姿を同じ時間の中で見れて、私もとっても幸せでした。


「僕がやる意味があるなら、どんな役でもやりますよ。」
そう何の迷いもなく真っ直ぐそう答えたたっちゃんを、私はファンとして誇りに思います。


たっちゃん、ランナウェイという作品に出会えてよかったね。
私もたっちゃんが出ている「ランナウェイ」に出会えて良かったです。

撮影お疲れ様でした!
ありがとう、ランナウェイ☆。+゚・




◆妖怪人間ベム

ベムに関しては1話の感想は書いたものの、作品の奥深さに「私なんかが言葉を羅列して感想を書いていいものか…」と思ってしまい、全く感想が書けなくなっていました(笑)
でもそれほど考えさせられることや、大切な事が詰まってる、本当にいい作品だったなぁと。

ベムには1つも無駄な部分なんかなくて、1話と同じ言葉が最終回で何回も出てきたりだとか、
1話の中だけでもいろんな所に伏線が張ってあって、何かもう完敗でした。
一言一言に意味があって、一つ一つの映像にも意味があって、それが全部繋がってて。
まだ全然リピれてないけど、全話見た後でもう一度最初から見たら、また新たな発見があるんだろうなぁ。
EDの帽子・髪留め・ゴーグルも最終回へのヒントだったんだと分かった時、鳥肌立ちましたしね…!!
1話からブレずに最終回までベムの世界観を貫いてくれた事が本当に凄かったし、感謝したいなぁと。


「妖怪人間ベムを亀ちゃんがやるらしい」
この噂を聞いた時は、まっさかー!と言い放ち、全く信じていなかった私。

「妖怪人間ベムのベム役が、亀ちゃんに決まった!」
この話をド深夜にTwitterで知った時は「怪物くん」が当たったからって調子乗ってんなよ…!ほどほどにしとけよ…!
なーんて知ったような口きいて反対派でした。(ホントすみません!)
ですが、決まったからにはいいモノにしてほしかったし、二番煎じで終わらせるなんて事のないようにしてほしかった。
なので何も知らない状態じゃなく、いろいろ調べてから反対しようと勉強し始めました。
Wikiや某動画サイトや、Twitterでベム好きな方のツイートをひたすら読んだり。
でも、それでも、どうにもこうにも「亀ちゃん=ベム」という方程式は成り立たず、腑に落ちないままでした。

「亀ちゃんのベム姿解禁!銀髪!」
このビジュアルを見た時の衝撃は半端なかった!!
腑に落ちないままのベム梨さんが、やっとしっくりきたんですよねぇ。
アニメと全然違うやんけ!と思いつつも、これはこれでアリかも!と思いました。
(ただ、これは原作ファンには受け入れてもらえないビジュかもなぁという不安も抱えつつ。)


そして一話放送終了後。
これは…!久々の当たり役キタ…!!ドラマ自体も当たりだ…!!と、確信しました。
不安なんて最初の5分で吹っ飛んで。どんどんドラマにのめり込んで。
こんないいドラマ久しぶりだなぁとホントに思いました!!!

それに最初「怪物くんが当たったからって…!」と思っていた私でしたが、
亀ちゃんを通してこの作品に触れた事で「3年も前から企画を練っていた」事も分かったし、
河野Pやサキタさんなど、スタッフさんの思い入れや気合いも凄く感じる事が出来ました。
こんな経験初めてです。


それにOP曲も3人で歌ってるけど、歌番組に一切出なかった所を私は支持したい…!!
そりゃあの姿で歌ってるところも見たいと思いましたし、それに伴いドラマを見てくれる人も増えるんじゃ?とも思いましたけど、
きっとスタッフさんは、そういう部分でもドラマの世界観を守りたかったんだろうなぁと。
普通だったらここまで人気が出たら、歌番組にバンバン出したいはず。しかも年末で歌番組も多い。
でも、妖怪人間の3人がスポットライトを浴びて、キャーキャー言われる中であのテーマ曲を歌ったら、完全に世界観が崩れますもんね。
闇に隠れて生きてねーじゃん!みたいな(笑)
そういうトコも徹底してくれてて、私は本当に嬉しかったです!

そして、ドラマではあの最高の終わり方だったので、映画化は希望していません。私はね。
だって!あれ以上はもう無いよ!!という気がして。
これこそ「欲にまみれてほしくない」って言うか。

もしやったら、舞台挨拶とかさ、絶対可愛いに決まってんだよ!!(;∀;)
可愛すぎる福君にメロメロの亀ちゃんも可愛いだろうし、ベラ様は超ベラ様で超絶素敵だろうし、
このスタッフさんだったら絶対いい作品を作ってくれると思うよ(;∀;)
けど映画化とかSPドラマとかは、何か違う気がしてね(;∀;)
この3ヵ月間で凄く濃い、いい作品になったから、それで終わらせてくれ…!という感じですかねぇ、今は。
私、どんだけ好きなんだよ、ってくらい好きですからね!!!笑
心しないと中々リピれないんだから!気軽にリピれるような軽いドラマじゃないんだから!!笑


…って、ちょっと話がズレてしまいましたが。


ベムでは、人間の弱さや醜さとを前面に出す事で、人間の強さと温かさも感じる事が出来ましたし、
アニメ版を敬愛し、アニメと同じラストでも、ベム達はまだ存在しているという様にも取れる「希望」があるラストは、本当に素晴らしかったです。


キャストの皆さんもスタッフさんも、撮影凄く大変そうでしたけど、その分本当に素晴らしいドラマに仕上がっていたと思います!!

「ベムを亀梨和也で」と採用し、亀ちゃんをベムに出会わせてくれたスタッフさん、ありがとうございました。
亀ちゃんを「現場が楽しい!」と言える環境にしてくださった、キャストの皆さん、スタッフさん、ありがとうございました。
そして何より、亀ちゃんを通して「妖怪人間ベム」という素晴らしいドラマ作品に出会わせてくれて、ありがとうございました。
ベムは亀ちゃん、ベラは杏ちゃん、ベロは福くん。
そして脇を固めていたキャストさんも、ゲスト登場したキャストさんも、スタッフさんも…、
全員が全員、その人じゃないとダメだったんだと、本当にそう思いました。

ファンとしても、一人の人間としても、すごく意味のあるドラマになりました。
この作品から、たくさん考える機会を与えてもらい、たくさん感動をもらい、とっても幸せな時間と幸せな感情に出会う事が出来ました。

本当に本当に!ありがとうございました!!




たっちゃんも、亀ちゃんも、今クールのドラマでさらに役者面でも他の面でも成長したと思います。
これが、この成長が、次のいろんな点に繋がるといいなと願ってます。

たっちゃん、亀ちゃん、撮影お疲れ様でした!
そして、2人が関わった作品に携わった方全ての方々、お疲れ様でした!!

素敵な作品を、ありがとう☆。+゚・


↓よろしかったらポチっと応援お願いします!
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング


スポンサーサイト
  1. KAT-TUN
  2. | comment:2
<<SEASONS | top | カツマネ>>


comment

ランナウェイの第1話の空哉の台詞はホント懐かしい(´∀`)
ランナウェイの最終回はホント泣けたし…(´Д`)

べムのO.Pはホントべム以外でも聴きたかった曲だったなぁ~(・∀・)
よく母と一緒に歌ってた(笑)
べムの最終回はホント寂しかった…。
クリスマスイブなのにこんなにも寂しいんだなって思った瞬間だった(笑)

ユキエちゃんってKAT-TUN好きになって6年なの!?
すごい…
って事は…2005年の時にKAT-TUN好きになってるなんて…
すごい!
あたしもユキエちゃんみたいに長くKAT-TUN大好きでいよ!(笑)
これからもずっとハイフンでいようね☆
  1. 2011/12/27(Tue) 18:04:22 |
  2. URL |
  3. 瑞穂 #YRX951Us
  4. [ 編集 ]

瑞穂ちゃんへ♪

いつもコメントありがとー!

もう1話がとっくに「懐かしい」になっちゃったよね(笑)
3ヶ月なんてあっという間だったわ~~~。
ベムの最終回はクリスマスイブなのに切なかったね。゚(゚´Д`゚)゚。
イブにこんな号泣したのは小学生以来だよwww

6年っていうか、6年目かな!
KAT-TUNデビューと同時にファンになったからねぇ~。
でも私より前に好きになった人なんかたくさんいるから、全然凄くないよ><
まだまだ知らない事ばっかりだし、もっと前から好きだったらなぁって未だに思うよ(笑)

では、また遊びにきてねー☆。+゚・
  1. 2011/12/29(Thu) 02:29:43 |
  2. URL |
  3. ユキエ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。